TOP > 喜びの声・合格実績 > 喜びの声

喜びの声・合格実績 

喜びの声を検索する

こうゆうかんの生徒たちからの喜びの声を内容別に検索できます。

検索結果

105件中11-20件を表示


2018年度photo

2018年度 受験生 霞ヶ関東中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

<<早大本庄合格‼>>私は北辰や駿台でなかなか志望校の合格圏に届かず、これではまずいと奮起して、毎日少しずつ時間を見つけて勉強するようになりました。難関コースのテキストや過去問を解いていく中で、少しずつ実力がつきました。そして当日は、支えてくれた友達、家族、先生のために頑張りました。切り替えや心構えなど、合宿で頑張ったことも活きました。合格できてよかった!


2017年度photo

M Y 大井中学校 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

(合格体験談)
私は小学生の頃に問題児として先生に扱われ、中1と中2まで、ずっと遊ぶことしかしていませんでした。中2の終わりにテレビで「ビリギャル」という映画を見て、ギャルが慶応に行けるのなら、私にも慶応に行けると思い、中3から超難関コースに通い始めました。超難関コースは宿題の量がすごく多くて大変だけど努力すれば授業についていけるし、自然と偏差値も上がるので、才能なんていらないと思います。挫折を感じることのほうが多かったけれど、一緒に頑張る仲間の姿があったからこそ受験を乗り越えられたのだと思います。偏差値50台でも難関校には行けるので、受験生の皆さん、頑張ってください。最後になりましたが、こうゆうかんの先生方、ありがとうございました。


2017年度photo

S S A中学校 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

(プレ超難関合宿)
以前よりも英語の問題をたくさん解くことができました。また、今までできなかったことができるようになって良かったです。今まで知らなかった勉強法も知ることができて良かったです。
ありがとうございました。


2017年度photo

M Y 大井中学校 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

(プレ超難関合宿)
小浜リーダー、西リーダー、鈴木リーダー、稲垣リーダーなど、多くのリーダーに助けてもらいながら確認テストに合格する事ができました。
この合宿を通して、良い部分や反省すべき部分が見えたので、難関合宿本番に向けての一ヶ月間を大切にして、時間を惜しんで頑張りたいです。


2016年度photo

小沢 茉鈴 桶川西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

早稲田大学本庄高等学院 合格
「信じれば、夢は叶う!」
 私が初めて早大本庄の存在を知ったのは、小学生の時でした。私には、こうゆうかんの同じ校舎に通う先輩の中に、とても憧れている人がいました。その先輩が早大本庄に合格したという話を聞いたのが始まりです。最初はどんな学校か全く知らなかったけれど、塾の先生の話を聞くうちに、大学に受験なしで行くことのできる、とてもレベルの高いすごい学校であるということが分かりました。そして私は、その学校に入学するために頑張っていた先輩の姿を思い出しました。「私も、あの先輩のようになりたい。早大本庄に本庄に入りたい。」心の底からそう思うと同時に、私の中で、早大本庄に合格するということが、一つの夢となりました。
 その決意をしてからしばらくたち、私は中学生になりました。もちろん、早大本庄に入るという夢を持ち続けて、勉強に励みました。でも、いざ本格的に進路を決めなくてはならない時期にさしかかった時、私の心は揺れました。自分の今の実力では、早大本庄に入ることはできないと、感じ始めたからです。そして、しばらく悩み、両親と話し合う内に、やっぱり違う高校に行く、という方に、気持ちが傾いていきました。もやもやしたけれど、仕方がない、と自分に言い聞かせました。でも、校舎の先生は、私が小学生の時から早大本庄に憧れてきたことや、悩んでいることを理解してくれた上で、早大本庄を受けることを薦めてくれました。それでも最初は迷いました。でも、初めて早大本庄を知った時に抱いた気持ちが、徐々に思い出され、やっぱり私は早大本庄に行きたいと、もう一度強く思い、改めて、憧れ続けた早大本庄を受けることを決意しました。そして、受験を受け、自分の合格は決まりました。合格を知った時、私は、人生で初めて、嬉し涙を流して、心から喜びを感じました。
 最初から最後まで、私の合格を信じて背中を押してくれた塾の先生の存在、こうゆうかんの存在に、今、心から感謝しています。そして、自分の夢をあきらめず、叶うと信じて頑張れば、必ず叶うのだということを、自分の塾生活を通じて、学ぶことができました。これからも、叶えたい夢、目標を絶対叶えるという強い意志をもち、自分と支えてくれる人を信じて、何事も頑張っていきます。


2016年度photo

戸塚中 女子 戸塚中 女子 :中学3年生コース

(保護者)

★入試合格★
第一志望校に合格できたことは、本人の努力は勿論ですが、こうゆうかんの先生方の支えや、切磋琢磨しあった仲間達がいたからだと感じました。この一年、家にいるより、塾で過ごした時間の方が遼に多く、それだけ居心地が良く勉強ができたのではないかと思っています。娘をこうゆうかんに通わせて本当に良かったと思います。ありがとうございました。

(生徒本人)

★入試合格★
定期テスト対策では、中3まで部活が忙しかったので、夜の9時くらいまで親切に教えてくださって嬉しかったです。超難関コースでは、普通の学校の授業でも使えるちょっとした技も学べたり、難しい問題にも挑戦できたりして楽しかったです。周りの仲間と励まし合いながら勉強できました。


2014年度photo

S T 加治中学校 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

〜2014年度 難関合宿 喜びの声〜
佐久間リーダーがすごくよく教えてくれて分かりやすかった。谷川リーダーが優しく教えてくれてとても助かりました。荒木リーダーもすごく応援してくれて嬉しかったです。消しゴムのかすを毎回取ってくれて、きれいな机で勉強出来ました。ありがとうございました。荒木リーダーの時、一枚目で落ちてしまったことがとても申し訳ないです。明日は英語頑張ります。


2014年度photo

S T 加治中学校 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

〜2014年度冬合宿・正月特訓〜
僕はこの超難関合宿に来て本当に良かったなと思いました。理由はたくさんあります。大まかにまとめると、人の思いに触れることが出来たことが本当に良かったです。
僕はプレ難関合宿で、たったの十一枚しか受かることが出来ませんでした。数学の最初のテストではまさかの一枚目から不合格。超難関合宿に来るのが嫌で嫌でしょうがなかったです。実際、当日にそんな嫌な気持ちのままでテスト勉強をしても成績は上がるはずがない。でもそんな時にふと耳を澄ませてみると、リーダーの“頑張るぞ”“合格するぞ”の声が聞こえてきます。不安で眠れない夜もありました。でも次の日の確認テストでは必ずリーダーが優しい声をかけてくれました。一緒に勉強した仲間も絶対いけるよと励ましてくれました。そして僕は絶対テストに合格すると心に決めて勉強し、目標だった60枚に到達することができたのです。たとえ大きな失敗をしたとしても自分以外の人の笑顔を見るために気持ちを込めて行動を起こせば必ず成功します。この体験は僕にとって一生の宝物になるはずです。超難関の授業で面接の時や夢を持つときは言い切ると成功すると教えてもらえました。なので僕も言い切ります。僕は早大本庄に合格します。まだまだ厳しい道のりだとは思います。ですがあきらめる理由はありません。この合宿で教わったことを胸に合格まで走り切ります。ありがとうございました。


2015年度photo

S T 加治中学校 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

〜2015合格体験談〜
『大好きなこうゆうかんで学んだこと』
僕は受験の前は家にいる時間よりこうゆうかんにいる時間のほうが長かったです。そんな僕の大好きなこうゆうかんで僕は多くのことを学びました。例えば、頑張ることの意味です。自分一人のために何かをしてもくじけてしまうことがあります。しかし支えてくれる人や背中を押してくれる人のために強い気持ちで何かすれば絶対にあきらめることは出来ません。とくに勉強はそうです。居てくれる両親や、僕たちの勉強の面倒を夜遅くまで見てくださる先生方、一緒に頑張ろうと支え合える仲間がいたからこそ、僕は受験という大きな壁を乗り越えることが出来ました。僕はその存在を改めて教えてくれたこうゆうかんが本当に大好きです。3年間ありがとうございました。


2014年度photo

藤村 祐実 羽生西中学校 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

☆合格体験談☆
「みんなで勝ち取った合格」
わたしがこのような高校に合格できたのは、私を支えてくれた人たちがいたからだと思います。初めはこのような高校に行けるとは思っていませんでした。だけど、自分の成績が上がるにつれ、行ければ行きたいと思うようになりました。私はいつも順調ではありませんでした。特に北辰テストや駿台模試、夏・冬の合宿がうまくいきませんでした。つらくて諦めそうになった時、助けてくれたのはこうゆうかんの先生や合宿のリーダー、友達です。次頑張るよ、大丈夫だよ、と声をかけられ、何とか頑張れました。自分のことを本気で大事にしてくれる方たちがいたこうゆうかんがとても大好きです。これからは支えられていることに感謝し、自分もみんなを支えられるようにしていきたいです。


105件中11-20件を表示



無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ