TOP > 喜びの声・合格実績 > 喜びの声

喜びの声・合格実績 

喜びの声を検索する

こうゆうかんの生徒たちからの喜びの声を内容別に検索できます。

検索結果

298件中31-40件を表示


2019年度photo

塾生  加納中学校 女子 :中学2年生コース

(生徒本人)

先生が優しく教えてくれて、理解ができました。なのでそこの場所は間違えないようにしたいです。


2018年度photo

治居 奈月美 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 夏合宿を振り返って 】
夏合宿を振り返ってみて、学んだことがたくさんありました。
 一つ目は感謝の気持ちです。自分たちを支えてくれている人の気持ちに改めて気づき、今までよりも、もっと感謝していこうと思いました。多分、この夏合宿に来ていなければ感じることはできていなかったと思います。また、一人ではないことも分かりこれからも支えてくれている人たちのために全力で頑張っていこうと思いました。
 もう一つは、これからが新たなスタートだということです。今回の夏合宿で味わった嬉しい気持ちや悔しい気持ちを忘れずにこれからも勉強していこうと思いました。そして、勉強の仕方を教わることができたのでそれもこれからの勉強に活かしていきたいと思います。リーダーたちからたくさんのことも学び、確認テストではあまりいい結果を残すことはできなかったけれどもこの悔しさをバネに明日から新しいスタートをきって行きたいと思います。この新しいスタートをいい形できれるように努力をしていきたいと思います。
 今回、夏合宿で学んだ感謝の気持ちとこれからが新たなスタートだということを忘れずにこれからも志望校に合格できるように精一杯の努力をしていきたいと思います。この充実した5日間で自分が成長できたことを自信に変えてこの合宿以上に勉強に取り組みもっともっと成長していきたいと思います。


2018年度photo

小川 紗那 若宮中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 市立川越合格 】
            受験を通して学んだこと
私が、こうゆうかんに入塾したのは、中学1年生の1学期のときでした。この時から中2の終わりくらいまでは、勉強に関心がなくやる気もまったくと言っていいほどありませんでした。3年生になり、まだ受験モードになっていない私の気持ちを変えたのが夏合宿でした。友達できるかなーくらいの軽い気持ちで応募したのですが、リーダーやホテルマネージャーの熱心な姿を見て、がんばろうと思うことできました。夏合宿が終わった後、何度かサボってしまうときもありましたが、塾の皆が頑張っているのを見て私も頑張ろうと思えたので、仲間からとても大切な事を学びました。塾の先生、両親、本当にありがとうございました。


2018年度photo

小川 紗那 若宮中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 夏合宿を振り返って 】
合宿に申し込むとき、先輩方が楽しいと言っていたので申し込みました。私は家にいると全く勉強しないのでいつも九時半から塾に行っていました。でも知っている場所だとなんとなくやる気がなく、ただ理解もしないで予習を進めているだけでした。合宿に行きたいと私が母に言った時、嫌そうな顔をしていたけれど、いいよと言ってくれました。今思うと、大変だったのだなと思いました。合宿初日、正直とてもやる気がないと自分でも感じていました。ご飯を食べると眠くなるし、ずっと決まった教科を勉強するし、初日から今すぐにでも家に帰りたいと思いました。二日目は午前中、初日と同じでやる気がありませんでした。しかし、午後に井沢先生のお話を聞いて気持ちが百八十度回転しました。リーダーや親に感謝してこの合宿に挑もうと思いました。三日目、前日の話を思い出していたら、朝からやる気が出てきていました。だから、国語は一気に十二枚進めることができました。私が喜んでいたら、リーダーも一緒に喜んでくれてとても嬉しい気持ちになりました。四日目、ほぼ進まなくてつらかったけれど、リーダーが励ましてくれてやる気が出ました。最終日、数学は0枚、英語は二枚しか合格できなくてすごく悔しくて泣いてしまったけれど、リーダー達が言っていた、「自信を持つ」という事を思い出して受験まで頑張ることを決めました。これからも人に感謝をすることを忘れないようにします。


2018年度photo

金子 陽南 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 市立川越合格 】
              受験を振り返って
私は中学2年生の3月にこうゆうかんに入塾しました。夏合宿や大晦日・正月特訓では、勉強する力だけでなく、辛い受験勉強にも耐える精神力も鍛えられたと思います。特に夏合宿の1,2日目はとても辛かったですが、たくさんのリーダー達に支えられながら、最後まで乗り越えることができました。家で勉強する際は、リーダーのメッセージカードを見ながら頑張りました。入試が終わって、合否発表までは正直全く自信がありませんでしたが、無事に合格できた時は本当に嬉しかったです。そして、家族や先生、友達が私の合格を喜んでくれたことが、今まで支えてくれたことへの恩返しに少しでもつながったのだと思います。高校生も、頑張ります。


2018年度photo

金子 陽南 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 夏合宿を振り返って 】
私は、この夏合宿を通して学力を上げるだけでなく、きつい勉強に耐える精神力も、強くなった気がします。合宿に来る前は、行きたくないという気持ちが強かったです。テストに合格できるかの不安よりも、五日間の厳しい合宿を乗り越えられるかの不安のほうが大きかったです。今回の合宿で学んだことは、数えきれないほどたくさんありました。1つ目は勉強方法と時間の使い方です。本当に1分1秒を全く無駄にしないことが、合格への道になると改めて分かりました。この経験を全て活かして効率の良い受験勉強にします。そして、2つ目は一人じゃないということです。初めて会った他校のこうゆうかんの子やリーダーなど本当に多くの仲間と支えてくれる人がたくさんいると実感しました。特にリーダーは大きな存在でした。合格したら自分以上によろこんでくれたり、テスト中に応援してくれたり、不合格だったら泣いてくれたリーダーもいました。私はこんなリーダーがいなかったら絶対乗り越えられなかったと思います。一緒に頑張ってくれる人がたくさんいたから87枚合格できました。今回の合宿は終わってしまうけど、これからが本番です。もうリーダーはいないけど、自分で今回やったことを活かして、支えてくれる人のために、必ず第一志望を合格します。もしつらくなったら、今回の合宿を思い出して、とにかく前を向いて、たくさんの人への感謝を忘れずに、全力で向き合っていきたいです。


2018年度photo

間野目 聖菜 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 滑川総合合格 】
              入試までの道のり
私は、中学2年の冬休みから塾に通い始めたけれど、本格的に受験を意識して勉強を始めたのは中学3年の夏休みからでした。部活を引退するまでは部活に専念していたため、勉強がおろそかになっていました。引退後は、夏合宿に向けて、基礎から学習を始めました。引退前までは受けたことがなかった北辰テストも、夏休み明けに初めて受けて、結果も夏休みの成果が出たと感じました。そして冬休みは、正月特訓に向けて過去問をたくさん解き、冬休みが明けてからは、私立入試に向けて今まで以上に勉強しました。その後の最後の北辰テストでは、おかげで偏差値がぐんと伸び、そのまま県立入試に向けてたくさん勉強し、無事第一志望に合格することができました。


2019年度photo

Eくん  桶川西中学校 男子 :中学3年生コース

(生徒本人)

熊谷西高校に合格・進学
合格体験談「個別の先生と歩んだ三年間」
僕は、中3の夏休み中には偏差値を今より3上げようと頑張りました。しかし、夏休みが終わって北辰テストを受けると、偏差値が逆に下がってしまいました。僕は落ち込んでしまい、一時期勉強が手につかなくなってしまいました。その時、個別の先生は動じず、いつも通りに授業をしてくれました。そのおかげで僕は立ち直ることができました。そこが個別の良い点だと僕は思っています。三学期になり、僕は志望校に向かって本気で頑張りました。その時に先生は僕が頑張っている所をしっかりと見てくれていて、励ましてくれました。また、苦手な単元を一から教えてくれて、本当に助かりました。みなさんも、あきらめずに頑張って下さい。


2018年度photo

間野目 聖菜 鶴ヶ島西中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 夏合宿を振り返って 】
私はこの5日間を通して、普段の環境では得られないものをたくさん得ました。絶対に集中できる学習環境や、支えてくれたリーダーたち、最初は不安で仕方なかった部屋のメンバー、個人で決めた目標達成、リーダーから貰ったメッセージカードやシール、ホテルマネージャー達の熱心な話や声援など、思い出がたくさんできました。1日目は前日から不安でいっぱいで眠れなくて、それでも行くと決めたから恐る恐る参加しました。最初の数学のテストでは、1人が合格した瞬間、リーダー達が大きな声で声援を始めたのでとても驚きました。周りの書く音がテスト中に聞こえてきてとても焦ったけど、リーダーが周りに合わせようなんて思わずに自分のペースでやれば大丈夫だよ、と声をかけてくれた時は本当に安心できました。4泊5日なんて初めてで絶対長いだろう、と思っていましたが、あっという間に終わりました。ここにきて新しい友達も出来たのに、もうなかなか会えないと思うと悲しいです。でも、5日間通して勉強面でもたくさん成長できたと思うし、精神的にも強くなれたと思います。また、合宿前に決めた自分の確認テストの目標枚数を達成できたことは本当に自信がつきました。リーダーやホテルマネージャーから、たくさんの勉強報を教えてもらったので、偏差値が10以上上がるように1日1日を大切にして本番の入試に備えようと思います。


2018年度photo

荻野 美悠 若宮中 女子 :中学3年生コース

(生徒本人)

             【 松山女子合格 】
              私の合格体験談
私が本格的に受験勉強を始めたのは、部活を引退してからなので8月頃からでした。初めは何をしたらいいかわからなかったのは事実です。しかし、塾の方で夏期講習があったので、まずはその予習から始めました。そこからはずっと1,2年生の復習をし、確認で応用をやったりしていました。正月特訓まではずっとそんな感じでした。正月特訓が始まる頃になると、予習をたくさんやりました。正月特訓では、絶対合格するぞ、という気持ちが私の中ですごく芽生えました。正月特訓を終えてからは、理社に力を入れました。私はこの期間で理社が身についたと思っています。受験までは、諦めず自分を信じて、支えてくれる人のために頑張るのみです。頑張って下さい。


298件中31-40件を表示



無料体験授業はこちら 資料請求・お問い合わせはこちら

このページのTOPへ